文字サイズ

社長メッセージ

江森 勲

株主ならびに投資家のみなさまへ

平素より格別のご支援を賜り厚くお礼申しあげます。

新型コロナウイルス感染症の拡大は社会の在り方や私たちの生活を一変させ、デジタル化を急激に加速させています。当社のお客さまにおいても、ニューノーマルへの対応が求められるなかで事業継続への対応やビジネスモデルの変革が急務となっており、DX推進の動きは今後ますます活発化していくものと考えます。

このように環境が大きく変化するなか、当社では2023年3月期を最終年度とする3か年の中期経営計画「Innovation2023」を実行中です。
初年度は、目標達成に向けた準備の年として着実に土台づくりを進めました。2年目の今期は、その土台を活かし、コロナ禍で高まるICTのニーズ、特にお客さまの働き方改革やセキュリティ強化のニーズを確実に捉えていくことがポイントだと考えています。併せて、「サービス化への注力」・「電子デバイス事業の収益力強化」を戦略的に実行していくことにより定量目標を達成し、「イノベーション・サービス・プロバイダー」への脱皮を着実に図ってまいります。
成長投資については、2020年10月のコムデザイン社子会社化に続き、今期も自社サービスプロダクトの開発・提供など、積極的に進めています。また、2021年9月には“人財への投資”として大規模オフィスリニューアルを完了しました。技術やサービスを提供する企業である当社にとって、社員は最大の財産です。労働環境を最適化し、社員がいきいきと働いて高いパフォーマンスでお客様に価値を提供することこそ、当社グループの企業価値向上に繋がると考えています。

今期からは株主・投資家の皆さまとのコミュニケーション強化にも力を入れています。開示情報の拡充を起点に、株主・投資家の皆さまとの「建設的な対話」を促進し、企業価値向上への好循環をつくりあげていきます。

当社は2022年5月に創業90周年を迎えます。長い歴史で培った技術力やノウハウはもちろんのこと、「当社ならでは」の強みを発揮し、これからもステークホルダーの皆さまから選ばれる企業であり続けるよう挑戦を継続してまいります。

代表取締役社長 江森 勲