コンプライアンス

基本的な考え方

ツヅキグループの経営理念の「ビジョン(実現したい社会・あるべき姿)」では、豊かな世界を実現できるよう、あらたな価値を創造し続けることを宣言しています。このビジョンを実現するためには、ツヅキグループの会社として、そして従業員として、社会から信頼されることが必須です。

ツヅキグループでは、グループ全社の役員・従業員は、経営理念で表明した「社会への貢献と価値の提供」の実現の基盤として、都築グループ行動規範を定めています。

この都築グループ行動規範では、経営理念で表明した「社会への貢献と価値提供」の実現への基盤として、「3 Conduct」の実行を宣誓しており、この3 Conductの実践により、日々の行動を通じて信頼を獲得し、かつ維持していけるものと考えています。

ツヅキグループの全員が自らの意思で、豊かな世界の実現に貢献すべく、この都築グループ行動規範を実践していくことを宣言しています。

推進体制

ツヅキグループでは、会社が社会的信頼を確保し、さらなる発展を遂げることに資する目的でリスク・コンプライアンス委員会およびその諮問機関としてリスク・コンプライアンス推進委員会を置き、委員会の委員長は代表取締役社長とし、推進委員会の委員長は取締役・執行役員の中から委員会の委員長が指名することとしています。

具体的取り組み

当社では、コンプライアンス意識の浸透、向上に向けた取り組みとして、様々な施策(活動)を展開しています。

(1)コンプライアンス教育・研修

当社では、役員、従業員を始め当社で勤務するすべての者を対象に、eラーニングを活用したコンプライアンス研修を実施しています。
また、グループ会社に対して、eラーニングでの受講環境およびコンプライアンス研修のコンテンツ等を提供し、グループ会社でのコンプライアンス研修の実施を支援しています。

(2)コンプライアンス意識調査

ツヅキグループでは、グループの全従業員を対象に、コンプライアンス意識調査を実施しています。
このコンプライアンス意識調査の結果を当社内およびグループ各社にフィードバックするとともに、結果や自由意見を踏まえて、コンプライアンス上の課題等を確認し、その課題等に対する具体的対応策を策定し、実施に繋げています。

(3)コンプライアンス自主点検

ツヅキグループでは、グループの全役員、全従業員およびグループで勤務するすべての者を対象に、eラーニングを活用して、コンプライアンス自主点検を実施しています。

(4)コンプライアンス通信

当社では、社内にコンプライアンス活動の実施状況やコンプライアンス研修において理解度の低い項目の解説などを「コンプライアンス通信」として発信して、コンプライアンス意識の向上、啓蒙を図っています。