製品・サービスの品質向上

プロジェクトの品質向上

基本方針
都築電気は、顧客満足度の獲得に向け、
プロジェクトにおける品質向上を柱に
お客様に信頼されるパートナーを
目指します
品質管理責任者
執行役員常務
サービス&サポート本部長 西村雄二

品質向上への取り組み

都築電気では、情報システム・通信ネットワークシステムの構築~運用保守に関するひとつ一つのプロジェクトに対し、監視点検を行う部署(アシュアランス室)を中心とするプロジェクト支援体制により、「しくみ」と「活動」を掛け合わせて顧客満足の向上を目指しています。

プロジェクト支援体制

当社のプロジェクト品質向上は、下記のPDCAサイクルで成り立っています。まず、独自の品質フレームワークであるシステム構築標準プロセス体系【TPMS(Tsuzuki Project Management System)】により、プロジェクト管理のプロセス全体を管理しています。

その内、設計品質は【FORCE】、セキュリティ品質は【セキュリティ指図書】において、それぞれ標準プロセスと管理項目を定めています。

これらの品質フレームワークに基づき、プロジェクト監視活動では、商談・見積り・プロジェクトそれぞれの工程を監視しています。また、プロジェクトから収集した実績情報を集約・共有し、評価した上で、品質フレームワークとプロジェクト監視活動を随時改善することを通じ、提案品質の向上に努めています。

しくみ×活動で「顧客満足」の獲得を目指す
「プロジェクト品質向上」のPDCAサイクル

取得認証

品質マネジメントシステム(ISO9001認証)

都築電気では、品質向上の取り組みのうち、「通信ネットワークシステムの設計・施工・保守(NI)」について、品質マネジメントシステム(ISO9001)を2001年3月に認証取得しており、更新審査を受審し、登録組織において品質活動の取り組みを強化しています。

登録範囲

通信ネットワークシステムの設計、施工、保守

ISO9001:2015
(品質マネジメントシステム)

登録番号 :JUSE-RA-384
登録日  :2001年3月36日
登録更新日:2021年5月26日
有効期限 :2024年5月25日
審査機関 :一般財団法人日本科学技術連盟